火災保険・水災の必要性|戸建てやマンションに必要ない?

火災保険・水災の必要性|戸建て・マンションに必要ない?

 

 

戸建てやマンションを購入された方や
火災保険の更新時期が迫っている方は
火災保険の補償内容をどうするか悩んでいらっしゃると思います。

 

火災保険の補償内容の中でも
特に水災の補償はどの火災保険会社でもつけるかどうか選択することが
できるので選ぶ際に迷うポイントの一つだと思います。

 

ですので今回は火災保険の水災補償とはそもそもどのような補償なのか
一戸建てやマンションの必要性についてもご紹介していきます。

 

火災保険の水災の補償とは?

 

 

 

火災保険における水災の補償は
川が氾濫して水が家に浸水してしまったなどの自然災害による水の被害を補償するものです。

 

水災の補償は川の氾濫や海の高潮による浸水などの水害だけでなく、
豪雨によって起こった土砂災害も補償範囲に含まれています。

 

水災と水濡れの補償範囲の違いとは?

 

火災保険には水災と名前がよく似ている水濡れ補償と言うものがあります。
水災・水濡れの補償範囲の違いを表にまとめるとこのようになります。

 

水災

・台風や豪雨による川の洪水・海の高潮による浸水被害
・豪雨による山や崖での土砂災害による被害

水濡れ ・給水設備や排水設備の破損・故障によって起きる浸水被害

 

水災の補償範囲に含まれないものとは?

 

水災の補償範囲に逆に含まれないものの例をいくつかご紹介します。

 

地震によって起きた津波による被害

 

水災は川の氾濫や海の高潮などは対応していますが、
地震によって起きる津波は被害が広範囲になるので補償範囲に含まれていません。

 

地震によって起きた津波による被害は
地震保険に加入することによって補償することができます。

 

給水設備や排水設備による床上浸水などの被害

 

先ほども紹介しましたが、給水設備や排水設備は水濡れ補償に含まれます。
水災はあくまでも自然災害による被害を補償するものです。

 

台風による大雨で車が壊れた場合

 

台風による大雨などによって車が壊れてしまった
故障してしまった場合は火災保険の補償範囲に含まれていません。

 

火災保険はあくまでも住宅または住宅に付随する設備を補償するもので、
車が被害を受けた場合は自動車保険の補償範囲になります。

 

水災の具体的な補償ケースとは

 

水災には具体的にどのような補償ケースがあるのかご紹介します。

 

1795万円のケース
広島県在住のRさんの住宅が連日の激しい豪雨によって、
住宅の裏にある山が崩れてきてしまい、
Rさん宅が土砂災害の被害に遭いました。

 

被害としてはRさんは無事でしたが、
1階に土砂が流れ込み、家具が使えなくなり、
建物もほとんどが使えなくなりました。

 

その結果建物の費用1500万と家具を再びそろえるための費用225万円が補償されました。

 

水災の補償の必要性

 

まず結論から言うと
火災保険の水災の補償は住んでいる地域や環境によっても必要性が大きく変わってきます。

 

水災の補償ケースを見て分かるように土砂災害や床上浸水などいざ被害にあったとき
被害額が大きくなる傾向があります。

 

土砂災害被害では1000万、浸水被害でも100万円以上支払われるケースもあります。

 

ですので水災の被害に遭いやすい地域に住んでいる方は
水災補償をつけておくことで大規模な被害に備えることができます。

 

ですがその一方水災は被害額が大きいので、
保険料もその分高くなり、住宅・建物含めて1年で1〜2万円ほど保険料が上乗せになり、
10年で考えると10万〜20万円近く保険料が余分にかかります。

 

ですので水災の必要性が薄い人がつけてしまうと、
返って保険料がその分がもったいないなんてことにもなりかねるので、
自分の住んでいる状況によって判断することが大切です。

 

具体的に、戸建て・マンション別に水災の補償の必要性について
まとめてみたので参考にしてみて下さい。

 

戸建てにおける水災補償の必要性

 

 

まず戸建ては低地、近くに川や海がある、山や崖がある方は水災の必要性は高いと言えるでしょう。

 

特に山や崖などの土砂災害のリスクがある方は
万が一被害が起きたとき被害額が高額になる可能性が高いので、水災の補償をつけておくメリットが大きいです。

 

反対に高地、近くに川や海、山、崖がない人は
比較的薄いですが、近年ゲリラ豪雨、西日本の大豪雨など気候変動が激しい傾向があるので、
ハザードマップなどを見て自分が住んでいる
住宅の被害リスクをしっかりと確認してつけるかどうか判断することをおすすめします。

 

マンションの必要性

 

戸建てと比べるとマンションの必要性は薄いです。
まずマンションの高層階に住んでいる方はまず川の洪水・氾濫などによる
浸水被害が起きないので、水災の補償は外してしまっても構わないでしょう。

 

ですが一つ注意してほしいのがマンションも立地や条件によっては水災補償が必要なケースがあります。

 

例えばですがマンションでも一階部分に住んでいる場合などは
近くに川や海がある場合浸水被害が起きる可能性があります。

 

また近くに山や崖と言った土砂災害のリスクがある地域では
高階層に住んでいても被害に遭うリスクは高まります。

 

ですのでマンションは基本的に必要性は薄いですが、
1階部分に住んでいる方や近くに山、崖などの土砂災害リスクがある方の場合は
つけておいて損はないと言えるでしょう。

 

水災補償のまとめ

 

火災保険において水災の補償はつけるかどうか迷う方も多いと思いますが、
水災の被害は住んでいる地域や住居の形態によっても
大きく必要性は変わってきます。

 

もし迷った方は一括見積もりサイトを使うことで、
火災保険に詳しい代理店と連絡を取りつつ
水災の補償をつけるかどうか決めることもできるので、一度試してみることをおすすめします。

 

 

page top