火災保険・水濡れの必要性|一戸建てや老朽化など丸分かり

火災保険・水濡れの必要性|一戸建てや老朽化などが丸分かり

 

 

戸建てやマンションを新規で購入された方や
火災保険の更新の時期が迫っている方は
補償内容をどれにするか迷っていらっしゃると思います。

 

火災保険の中のさまざまな補償内容の中でも
水濡れはそもそもどのようなものなのか
水災との違いなどなかなか分かりにくい部分があります、

 

ですので今回は水濡れ補償とはそもそもどのような補償内容なのか
戸建てやマンションの必要性についてご紹介します。

 

水濡れ補償とはどのような補償?

 

 

水濡れ補償とは給水設備、排水設備と言ったものが破損、故障することによって
発生する浸水や水濡れ被害を補償するものです。

 

具体的に言うと洗濯機やトイレと言った物の水漏れ被害を補償するものです。

 

水濡れ補償・水災補償の違い

 

火災保険にはよく似た補償として水災補償と言うものがあります。
水災補償と水濡れ補償の範囲の違いを表にまとめるとこのようになります。

 

水災

・台風や豪雨による川の洪水・海の高潮による浸水被害
・豪雨による山や崖での土砂災害による被害

水濡れ ・給水設備や排水設備の破損・故障によって起きる水濡れ・浸水被害

 

この表を見て分かるように
水災は川による氾濫、海による高潮による浸水被害、豪雨による土砂災害など自然災害を主に補償するもので
水濡れ補償は主に給・排水設備などの建物内の設備によって起こる水の被害を補償するものと分けられています。

 

水濡れで補償されないケース

 

 

水濡れの補償内容を紹介してきましたが、
逆に水濡れの補償内容に含まれないケースをまとめてみました

 

お風呂の水をためていたら止めるのを忘れて、水がもれてしまった。

 

まずお風呂の水を止め忘れたのはあくまでも自分の過失になるので水漏れの補償内容には含まれません。

 

水濡れは自分の力が及ばない偶然起きてしまった事故を補償するので、
自分の過失によって起こった事故は補償内容に含まれません。

 

老朽化による水濡れ被害

 

実は老朽化による水濡れ被害の被害は補償範囲に含まれていません。
水漏れ補償と言うのは偶然起こってしまった事故、突発的に起こった事故を
補償するので、老朽化によって水道管が破損した
給水・排水設備が故障した場合は突発的とは言えないので補償範囲には含まれません。

 

マンションで水漏れが起きて下の階の人に被害を与えてしまった場合

 

火災保険の水濡れ補償においてはあくまでも
上の階から水が漏れて被害に遭った場合は補償範囲に含まれますが、
自分が原因で下の階の人の家具や壁、床がダメになってしまった場合は
火災保険の補償範囲に含まれません。

 

このような場合は個人賠償責任保険・特約というものの補償範囲に含まれます。

 

個人賠償責任特約は火災保険のオプションとしてつけることができる場合が多いので、
もしまだ加入していない方は加入を検討してみると良いと思います。

 

水濡れの支払いケース

 

具体的に水漏れの保険金の支払いケースについてご紹介します。

 

72400円
自宅トイレの排水管が壊れて72400円が支払われたケース
Kさんが休日の土曜日、洗濯をしようと洗濯機に向かっている途中
トイレのドアから水が漏れていることを発見しました。
ドアを開けてみると水びたしになっており、床や壁紙が浮いてしまっていました。
その修理費用として72400円を請求したところ
全額が火災保険会社に補償されました。

 

戸建てにおいての水濡れの必要性

 

 

まず戸建てにおいての水濡れ補償の必要性ですが、つけておいて損はないと言えます。

 

戸建てにおいて水濡れ補償と言うのは起きにくいイメージがあるかもしれませんが、
戸建てにおける給水・排水設備を考えると意外にもさまざまなリスクがあることが分かります。

 

  • スプリンクラー
  • トイレ
  • 洗濯機
  • 給水タンク
  • 雨どい

 

戸建てにはこのように考えるとさまざまな給水・排水設備があるので
これらの被害を補償することができる水濡れはつけておいて損はないと言えます。

 

ですが被害額が水災と比べると
水濡れ補償は小さく済む傾向があり、自分でまかなうことができる場合も多いので、
保険料をできる限り安くしたいと言う方は外してしまうことも一つの手です。

 

マンションの水濡れの必要性

 

 

マンションにおいて水濡れ補償は火災保険の補償内容の中で最もつけておくべき補償だと言えます。

 

マンションなどの共同住宅では、
水濡れの被害のリスクはかなり高く、
セゾン自動車火災保険の情報によると
支払い件数も、保険金の支払額も1位になっています。
上の階の漏水リスクもあるので、マンションの場合はまずつけておくべき補償だと言えます。

 

水濡れ補償のまとめ

 

水濡れ補償は戸建てにしても、マンションにしても
つけておいて損はない補償です。

 

ですが戸建てにおいてマンションに比べると水濡れ補償の必要性は薄いと言えるので
保険料をできるだけ安く抑えたいという方は外してしまうのも一つの手です。

 

 

page top