火災保険・盗難の必要性|戸建て・マンションの選び方

火災保険・盗難の必要性|戸建て・マンションの選び方

 

 

一戸建てやマンションを新規で購入する方や
火災保険を見直そうと考えていらっしゃる方は
補償内容をどうするか悩んでいらっしゃると思います。

 

今回は火災保険の中の盗難はどのような補償なのか?一戸建てやマンションの必要性などをご紹介します。

 

 

盗難とはどんな補償

 

 

 

 

火災保険における盗難補償とは
強盗や空き巣によって住宅または家財が損害を受けたときに補償するものです。

 

具体的には空き巣によって割られたガラス、盗まれたものが補償されます。

盗難補償の補償内容

 

盗難補償の補償内容を表にまとめると次のようになります。

 

盗難 補償内容
建物

・空き巣・強盗などによって窓ガラスや鍵が壊された場合(未遂でも可)
・バイクや車などを盗むためにシャッターや倉庫を壊された場合

家財

・現金・預金通帳・小切手など
・宝石や時計などの高価品(保険会社に事前に申告しておくことが必用)
・その他の家財

 

注目してほしいのが空き巣や強盗が未遂に終わった場合も補償されるという点です。
何も盗まれていなくとも窓ガラスや鍵などが破損している場合は補償対象になっているので
注意しましょう。
また家財は物だけでなく現金による被害も一部補償することができます。

 

 

盗難補償の注意点

 

 

 

盗難補償の場合いくつか注意点があるのでご紹介します。

 

家財は原則1つ20万円まで補償

盗難被害はさまざまなケースがありますが、家財は原則一つ20万円までが補償されます。
現金や小切手などの金銭類は
例え数十万〜数百万の被害が出たとしても合わせて20万円までしか補償されません。

 

また預金通帳で通帳を停止する前に
引き出された場合は200万円までが補償されます。

 

高額なものは申告する必要がある

繰り返しになりますが、宝石やブランド品などの盗難被害の場合高額なもの
火災保険会社にしっかりと申告しておく必要があります。
具体的な額で言うと30万円以上のものです。

 

現在は火災保険会社によっては宝石やブランド品でも申告しないでも
一部が補償される保険もありますが、
基本的に宝石やブランド品は申告が必要なので、契約する際など注意するようにしましょう。

 

敷地内であれば自転車やバイク(排気量125cc以下)も補償に含まれる

 

盗難被害でも自転車やバイクの被害も火災保険で補償することができるのが気になるポイントですが、
自転車やバイクは敷地内に置いている場合は補償内容に含まれますが、
どこか外出先で自転車やバイクが盗まれてしまった場合は補償の対象外になります。

 

注意点としてはバイクなどは高額なものなので、
火災保険会社に事前に申告しておくことをおすすめします。

 

盗難被害はすぐに警察に

 

いざ盗難被害に遭った場合はすぐに警察に盗難届を出しましょう。
火災保険の盗難補償を受けるためには盗難届の受理番号が必要になるので、
被害に遭った警察にすぐに届けることが重要です。

 

特に預金通帳やクレジットカードなどが盗まれてしまった場合は
火災保険の場合補償される額が決まっているので、
不正利用を防ぐためにもすぐに停止するように注意してください。

 

盗難で補償されないケース

 

 

盗難と言っても補償されないケースがいくつかあるのでご紹介します。

 

引ったくりにあった場合

 

火災保険の盗難補償ははあくまでも建物や家財が盗難、破損などした場合に補償されるもので
引ったくりなど外出先での被害は対象外になります。

 

引ったくりは携行品損害特約という火災保険に付帯できる特約をつけている場合は
補償されるケースもあるので特約に加入しているか確認しましょう

 

車の盗難

 

 

 

盗難被害と言っても車が盗難されてしまった場合は
いくら敷地内にあれど、火災保険では補償されません。
その場合は自動車保険で補償されますので、
自動車保険をチェックしてみて下さい。

 

盗難の支払い事例

 

 

 

盗難の具体的な支払事例をご紹介します。

 

356000円
Wさんはある日出かけていて帰ってきたところ
自宅の窓が開いていて不審に思い、
詳しく調べると窓の近くにあった物置から
ゴルフ用品などが盗まれていました、

 

ゴルフ用品などの盗難の合計の被害額
356000円が火災保険会社から支払われました。

 

盗難の必要性

 

盗難の必要性はセキュリティや地域ごとによっても必要性は違ってきます。
戸建て・マンション別にまとめてみたので参考にしてみて下さい。

 

戸建て

 

 

 

戸建ての場合はセコムなどのセキュリティ会社に加入している場合などは
盗難の被害のリスクも低く必要性は比較的薄いですが、
基本的に戸建ての場合は住宅の中以外にも
敷地内の物が補償対象になるので、入っておいて損はないと言えます。

 

マンション

 

 

マンションは最近オートロック式のものも増えてきており、
セキュリティ面で強化されて来ているので、
そのような場合は必要性は薄いですが、
まだセキュリティ面でも不安があるマンションもまだまだ存在しているので、
入っておいて損はないです。

 

盗難のまとめ

 

戸建て・マンションどちらとも、
盗難被害はいつ起こるか誰に起こるか予想できないものなので
セキュリティ面に自信がある方以外は
基本的に加入しておいて損はない補償と言えます。

 

火災保険には盗難被害の他にも
住宅におけるさまざまな被害を補償するので、
ぜひ一つづつじっくり検討してみて下さい。

 

【火災保険の補償内容について】

風災の必要性|戸建て・マンションに必要ない?

 

水災の必要性|戸建て・マンションに必要ない?

 

page top