火災保険の破損・汚損の必要性|戸建て・マンションには・・・

火災保険の破損・汚損の必要性|戸建て・マンションには・・・

 

 

 

火災保険を新規で加入しようと思っている方や
見直しをしようと思っている方は補償内容をどのようにするか迷っていらっしゃると思います。

 

その中でも破損・汚損とはそもそもどのような補償内容なのか
破損・汚損が必要なのかいらないのか
いまいち分かりにくいと思います。

 

ですので今回は破損・汚損とはどのような補償内容なのか破損・汚損の必要性についてご紹介します。

 

破損・汚損とは

 

 

 

火災保険における破損・汚損の補償とは
偶然起こってしまった事故、突発的に起こってしまった事故によって住宅や家財が破損・汚損した場合に補償されます。

 

破損・汚損の補償内容は幅広いケースが考えられるので、具体的なケースを紹介していきます。

 

破損・汚損の補償内容

 

補償対象 補償内容
建物

・家財を移動しているときにドアにぶつけて壊れてしまった
・子供がボール遊びをしていて窓ガラスを割ってしまった
・誰かの悪戯で外壁やシャッターにいたずら書きをされた
・重たいものを運んでいる時床や壁が傷ついてしまった

家財

・子供がボールで遊んでてテレビが倒れて、液晶部分が壊れてしまった
・掃除をしているときにデジカメを落としてしまって割ってしまった
・家財を運んでいる時や何かの拍子で傷ついてしまった・壊れてしまった

 

破損・汚損はこのように
第3者に何かされたとき以外にも
自分や家族が間違えて住宅や建物を壊してしまった場合にも補償範囲に含まれます。

 

ですので破損・汚損の補償範囲はとても幅広いケースを補償することができます。
ですが注意点として破損・汚損に含まれないケースも当然あるので
注意してください。

 

破損・汚損の補償内容に含まれないケース

 

 

破損・汚損に逆に含まれないケースをいくつかご紹介します。

経年劣化による破損・汚損

時間が長い間たったことによってカビが生えてしまった、
汚れてしまった場合は補償対象に含まれません。

 

あくまでも偶発的や突発的な事故を補償対象にしているので、
経年劣化による破損や汚損は補償対象外になっています。

 

スマホが壊れた場合

 

 

 

スマホが壊れてしまった場合は破損・汚損に含まれるかもと思うかもしれませんが、
スマホはどの保険会社でも免責項目に含まれており、補償はされません。

 

理由としてはスマホは特に故障、画面が割れてしまうケースが多く、
件数も多いので補償内容に含まれていません。

 

自宅外で物が破損・汚損した場合

火災保険の破損・汚損補償はあくまでも
自宅の敷地内での偶発的・突発的な事故によって起こった被害を
補償するもので自宅外で物が破損・汚損した場合は補償内容に含まれません。

 

ただ火災保険には特約として携行品損害特約と言うものがあり、
その場合パソコン・スマホ・メガネ・コンタクトレンズなどを除いたものが
その特約で補償されるケースがあります。

 

具体的な支払事例

 

 

具体的な支払事例を一つご紹介します。

 

233000円

 

Sさんは家具の模様替えをする際に
ソファを家族で運んでいましたが、
その際にドアに思いっきりぶつかってしまい、
そのはずみにドアが破損してしまいました。
火災保険会社に請求したところ
その修理費用の243000円のうち233000円が補償されました。
10000円は免責金額が設定されていたので補償されませんでした。

 

破損・汚損の必要性

 

 

破損・汚損補償は補償範囲がとても幅広く、
請求できる機会も多いので戸建てにしろマンションにしろつけておいて損はしません。

 

特に小さい子供が多い自宅は
子供が誤ってガラスを割ってしまう・物を壊してしまうケースも多いので必要性は高いと言えます。

 

破損・汚損の補償は補償範囲も幅広さまざまなケースで利用することができる
補償ですが注意点があります。

 

破損・汚損の補償の注意点

 

 

破損・汚損補償の注意点はいくつかありますが、一つづつご紹介します。

 

免責金額が設定されているのが基本

 

免責金額とは被害に遭った際その一部を自己負担する制度のことで、
破損・汚損補償の場合は5000円・10000円程度は自己負担するケースが多いです。

 

必ずしも全てが負担されるとは限らないので注意するようにしましょう。

請求漏れが多い

 

火災保険に破損。汚損補償をつけていてもいざその被害にあった際に
補償をつけていることを忘れているもしくは補償できることを知らないことで
損をしている場合があります。

 

破損・汚損補償は保険会社によっても対応が違っており、
基準もあくまでも明確に決まっていないので、
何かの拍子に建物や家財が破損した・汚損した場合は
一度保険会社の方に問い合わせてみることをおすすめします。

 

破損・汚損補償のまとめ

 

火災保険において破損・汚損補償は
さまざまなときに被害をカバーすることができるので
つけておいて損はない補償の一つだと言えます。

 

火災保険には破損・汚損の補償以外にも
住宅・家財のさまざまな被害を補償することができる保険なので、ぜひこれらの記事もチェックしてみて下さい。

 

【火災保険の補償内容について】

風災の必要性|戸建て・マンションに必要ない?

 

水災の必要性|戸建て・マンションに必要ない?

page top